海が見ている

静岡出張で国道135号線を、
熱川から熱海に向けてレンタカーを走らせる。

もう観光シーズンであるわけでもなく、
そこはかとない寂しさが伊豆の海外沿いの街並みにも影を落としている。

急傾斜地の岩肌に張り付くように立っているホテル。
そして、整備はされているが場違いな南洋植物の街路樹。

かつては漁師町だったろう鄙びた街並みは、
まるで箱庭のようなキッチュな作り物である。

鉛色の海鳴りだけがBGMだ。

波は昔も今も浜にうち寄せている。

人が海を見ていたのではない。
海が人々の生業を見ていたのだ。

それが愚かな行為であったとしても、
海はひたすらに、我々の所業を慈悲深く眺めている。

c0018195_112350100.jpg


にほんブログ村 地域生活ブログ 山梨情報へ

人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。上の二つのアイコンを
それぞれ一日一回だけ、海にッと押してくださると・・・

つなぐ NPO公式サイト

[PR]

by tsunagunpo | 2009-02-27 11:27 | こまいズム