奥深さ

東京の最西端の唯一の村・檜原村を訪れる。

人口は3,040人で世帯は1,239世帯を数える。

西多摩地域広域行政圏協議会に属し、
青梅市、福生市、羽村市、あきる野市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町と
単独市町村では対応の難しい行政課題に対処している。

木工教室や、自然教室などで人気がある「都民の森」もあり、
総面積の93%が林野で平坦地は少なく、
村の大半が秩父多摩甲斐国立公園に含まれている。

驚くべきは職員のスキルの高さである。

村などとあなどってはいけない。
東京都の奥深さを森の空気とともに感じた次第だ。

そして、日の出町。

イオン・モールの出店に伴い、
75歳以上の住民の医療費を無料にしたことでも有名だ。

日の出町商工会主催で、
4月より「まちの語り部養成講座」を受託する。

東京都の補助金を得て、
ある意味いままでのスキームとは比べ物にならないくらい、
予算的には潤沢であることが有難い。

さて、理事長。どうやって運営しましょうか?(笑)





にほんブログ村 地域生活ブログ 山梨情報へ

人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。上の二つのアイコンを
それぞれ一日一回だけ、まちみゅッと押してくださると・・・

つなぐ NPO公式サイト

[PR]

by tsunagunpo | 2009-03-03 16:56 | こまいズム