公衆電話のなくなる日

130年の歴史に幕を下ろす。

米通信最大手のAT&Tは公衆電話事業から撤退した。

米では携帯電話が人口の83%に相当する2億5100万台に増えたため、
公衆電話機は今後も需要減が続くと判断した。

AT&Tは1878年に世界初の公衆電話を設置した。

日本では1890年(明治23年)に東京及び横浜に電話局が設置され、
電話回線を持たない一般市民のための公衆電話が設置されたのが最初だ。

AT&Tが地域通信を提供するカリフォルニアやテキサスなど米13州で、
路上や公共施設に設置した公衆電話を撤去する。

米全体の公衆電話機の設置台数は、
10年前の260万台から100万台に減っている。

「スーパーマン」は当初、電話ボックスに入り、
クラーク・ケントから鋼鉄の男に変身していた。

公衆電話が物語の舞台になる機会はなくなっていくのだろう。





にほんブログ村 地域生活ブログ 山梨情報へ

人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。上の二つのアイコンを
それぞれ一日一回だけ、赤電話ッと押してくださると・・・

つなぐ NPO公式サイト

[PR]

by tsunagunpo | 2009-05-13 17:48 | こまいズム