ほだし

かつての母校だった大学の校友会から、
季刊誌が忘れた頃に届く。

「KIZUNA」と題されたその季刊誌が、
かつて自分が学生だった頃を唯一彷彿とさせるアイテムだ。

4月より職掌が変わり、
既存のクライアントを後任に引き継ぎを行っているのだが、
それはそれでひとつの絆を断ち切るような寂しさが付きまとう。

“絆”は無形である。

結びつきを、離れがたくつなぎとめているものは、
人の心根に他ならない。

自分の中にどれだけの絆と呼べるほどの、
深い結びつきが残っているのだろうか。

c0018195_12431480.jpg


にほんブログ村 地域生活ブログ 山梨情報へ

人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。上の二つのアイコンを
それぞれ一日一回だけ、キズナっと押してくださると・・・

つなぐ NPO公式サイト

[PR]

by tsunagunpo | 2009-05-27 12:43 | こまいズム