幸福感の違いとやら

お年寄りたちの大きな旅行グループに遭遇する。

暇とお金がある人種が対象となると、
壮年層より年上を想定してしまう。

米国人は自立や自尊心に幸せを感じるのに、
日本人は思いやりなど周りとの関係を重視する。

これが幸福感の違いとやら、らしいのだ。

幸福かどうかを尋ねる各種の国際調査では、
日本人は不幸なグループに属することが多い。

一方で日本は平均寿命が世界で最も長い国の1つで、
「不幸なのに長生き」は謎とされる。

でも、その長生きの人たちは、
意外に楽しむ術を若い層より知っていたりするのだ。

c0018195_23195283.jpg


にほんブログ村 地域生活ブログ 山梨情報へ

人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。上の二つのアイコンを
それぞれ一日一回だけ、よいせっと押してくださると・・・

つなぐ NPO公式サイト

[PR]

by tsunagunpo | 2009-06-19 23:20 | こまいズム