熱海の復活に学べ

再び注目されている観光地。

ひところ旅館の閉鎖が続き、さびれた温泉街という
イメージが定着していた熱海が復活しつつある。

熱海では昨年7月の宿泊客が前年同月と比べて2割近くも増えた。

ガソリン高騰の影響もあって、
東京から新幹線で1時間弱で行ける熱海は、
「安近短」なスポットとして再び注目を集めている。

子どもに人気の高い海水浴場を整備し、
旅館やホテルでも「食べ放題」を導入するなど、
あの手この手でファミリーを取り込む策を行った。

熱海は少し前まで、そんな努力をしなくても、
客が訪れる人気観光スポットだった。

戦後間もなく新婚旅行の行き先として人気となり、
バブル期以降は社員旅行や慰安旅行での団体利用が増えた。

小津安二郎の「東京物語」でも、
尾道から東京に出てきた老夫婦が熱海まで足を伸ばしていた。

温泉や海水浴だけでなく、
文化人にゆかりのある地だというアピールも、
新しい戦略の一環なのだろう。

近くて、海や山があっていろいろ楽しめる場所、
熱海の頑張りを近隣の温泉地も参考にするべきだろう。



にほんブログ村 地域生活ブログ 山梨情報へ

人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。上の二つのアイコンを
それぞれ一日一回だけ、熱海っと押してくださると・・・

[PR]

by tsunagunpo | 2009-07-27 10:23 | こまいズム