「イントゥ・ザ・ワイルド」

そして僕は歩いていく。
まだ見ぬ自分と出会うために。

ショーン・ペンの「イントゥ・ザ・ワイルド」は、
すべてを捨て旅へ出た裕福な青年の心の軌跡を描いたドラマだ。

大学を優秀な成績で卒業したクリスは車や財布を捨て、
自由を手に入れるための放浪の旅に出た。

労働とヒッチハイクを繰り返し、
メキシコからあこがれのアラスカへと北上する。

アラスカ山脈の人気のない荒野へと分け入り、
捨てられたバスの車体を拠点にそこでの生活をはじめる。

何もかも捨ててアメリカを放浪し、
アラスカで死んだ青年クリス・マキャンドレスを描いた、
ジョン・クラカワーのノンフィクション「荒野へ」が原作だ。

すでにアメリカでは作られなくなった、
イニシエーション=通過儀礼に関する映画である。

出生、成人、結婚、死などの人間が成長していく過程で、
次なる段階の期間に新しい意味を付与する儀礼。

現代人がなくしてしまったその儀礼を、
主人公は原初の記憶のように辿ろうとする。

主人公が最後に見る景色に打たれる。

彼の彼岸は自然との共生を目指したものではなく、
自己が何かという内省的な旅の終わりだったのである。



にほんブログ村 地域生活ブログ 山梨情報へ

人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。上の二つのアイコンを
それぞれ一日一回だけ、荒野へっと押してくださると・・・

つなぐ NPO公式サイト

[PR]

by tsunagunpo | 2009-08-07 14:30 | こまいズム