「終決者たち」

われわれは9回裏、試合の勝負がかかっているときに
投入されるクローザー=終決者だ。失敗すれば試合は終わりだ。

マイクル・コナリーの「終決者たち」は、
ハリー・ボッシュを主人公にしたシリーズ第11作だ。

私立探偵ボッシュは3年振りにバッヂを取り戻す。

復帰後はじめての事件は、17年前の女子高生殺人事件だ。

現場に落ちていた拳銃から DNAが抽出され、
ある人物の関与が判明する。ボッシュは当時の捜査を逐一さかのぼる。

被害者の発見場所、自宅、両親、母校、当時の捜査担当刑事など、
関係者を訪問し、見落としがないかを相棒ライダーと検証してゆく。

ロス市警「コールド・ケース班」に復職したボッシュの
未解決事件を追う執念の捜査が始まった。

未解決事件を「コールド・ケース」と呼び、
「コールド・ヒット」とは警察、FBIや司法当局のデータベースから、
迷宮入り事件の容疑者などが浮かび上があがることをいう。

「コールド・ヒット」の人物は犯人なのか決め手がなく時間が過ぎてゆく。
何度も何度も当時の調書を読み返すボッシュ。

マイクル・コナリーの創造したハリー・ボッシュは、
決して器用な人物ではない。しかし猟犬の嗅覚で、
一歩一歩真実に近づく姿がシリーズの醍醐味だろう。

未解決事件の死者の声を聴くように、
捜査に取り組むボッシュは“代弁者”だ。

そして“終決者”となることで、
自分探しの旅へと導かれていくのである。
c0018195_10562174.jpg


にほんブログ村 地域生活ブログ 山梨情報へ

人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。上の二つのアイコンを
それぞれ一日一回だけ、終決っと押してくださると・・・

[PR]

by tsunagunpo | 2009-10-14 10:58 | こまいズム