森に眠る魚

私が築きあげた
愛しい日々は、もう
戻らないのだろうか。

角田光代の「森に眠る魚」は、
凄みのある筆致であぶりだした、
母親たちの深い孤独と痛みを描いた母子小説だ。

東京の文教地区の町で出会った5人の母親。

育児を通してしだいに心を許しあうが、
いつしかその関係性は変容していた。

あの人たちと離れればいい。
なぜ私を置いてゆくの。
そうだ、終わらせなきゃ。

心の声は幾重にもせめぎあい、
壊れた日々の亀裂へと追いつめられてゆく。

怖い物語である。

平成11年に文京区で起きた、
いわゆる「お受験殺人」がモデルになっている。

ああ、よくある話だ、と思う人もいるだろう。

しかし、角田光代が告げるのは、
「よくある話」などこの世界にひとつもない、という真実だ。

5人の女は、深い森の中へさまよい込んでいく。
それまでいた場所の明るさがあり、森の暗さや不気味さがなお際だつ。

そして何よりも恐ろしいのが、
気がつくと誰しもがその森を歩いているという事実なのだ。

c0018195_22211752.jpg

つなぐNPO公式サイトへ

[PR]

by tsunagunpo | 2009-12-01 22:20 | こまいズム