平林物語番外編 ~神様に近い場所で~

もう山の仕事を始めて四十年になりました。
c0018195_15175070.jpg


わたしが子どもの頃には、
一つの集落に必ず製材所があったものです。

戦後すぐのこのあたりだと、
切り出す木が飛ぶように売れて、
ほんとうに活気がありましたね。
c0018195_15181762.jpg


県産材をつかうということは、
地元で育った木で家を建てたりするわけで、
それはやっぱり地のものをつかうのが一番です。
c0018195_15192342.jpg


昔は木の家を建てるのって何年もかかったんですよ。
大工さん、施主さんも待ってくれるのが当たり前だったんですが。
c0018195_15184810.jpg


スローライフっていうんでしたっけ。
もっとゆったりと森の恵みを生活に取り入れるような、
そんな暮らしをおくっていきたいと思います。

いつも仕事の前には、氷室神社の大スギを参ってからでかけます。
やっぱり、神様の木ですから。

わたしたち、山の仕事をする人が、
いちばん神様に近い場所で仕事をしているのかもしれませんね。
c0018195_15195069.jpg


(この物語はフィクションです)

つなぐでは平林のガイドブックを2月刊行で制作します。お楽しみに!

つなぐNPO公式サイトへ

[PR]

by tsunagunpo | 2010-01-25 15:21 | こまいズム