地域をデザインするということ

高知に住むグラフィックデザイナー梅原真さんの講演を聴いた。

あらゆるものはコミュニケーション・デザインである。

考え方をデザインすること。

あたらしい価値は→風景再生、農業再生である。

引き算を忘れた社会→引き算こそ価値創出である。

マイナスは個性である。

うちはウチの個性でやっていく。

遠いほど付加価値(個性)が+となる。

ヴィジョンのないお金でヴィジョンを創る。

商店街と森をつなぐプロジェクト→町に家という森を創ろう。

出来ることからアイデンティティが生まれる。

特産物で風景を作り直すこと。

いちいち頷くことばかりでした。

地域の活性化にはプロデューサーが必要と言われている。

しかし、その地域のDNAが刻み込まれた人間でしか、
表現出来ないものが厳然としてあるのだ。



c0018195_16192226.jpg

つなぐNPO公式サイトへ

[PR]

by tsunagunpo | 2010-02-01 16:20 | こまいズム