あの季節の結晶を握り締めて

啓蟄が過ぎると、あの頃、と
不思議と優しい気持ちで思い出す時節になる。

それはまさしく季節だった。
巡ってきたのだ。
まるで必然であったかのように。

それがその時代の空気ではあったのかもしれない。

だが、もう祝祭は終わった。

しかし、残ったのは残滓ではない。

残されたのは結晶だ。

それは滅多に取り出すことはないけれど、
光を失う事なく今も輝き続けている。

そしてまた日常は始まる。
ポケットの中でころがるあの季節の結晶を握り締めて。

c0018195_1124519.jpg

つなぐNPO公式サイトへ

[PR]

by tsunagunpo | 2010-03-18 11:25 | こまいズム