ザ・ウォーカー

静謐な黙示録。

ヒューズ兄弟の「ザ・ウォーカー」は、
デンゼル・ワシントン主演の近未来アクションだ。

あらゆる文明が崩壊した近未来のアメリカ。

イーライと名乗る男は、世界でたった1冊残る本を運び、
30年間、ただひたすら西へ向かって旅をしていた。

そんな彼の前に、
その1冊の本を探し続ける独裁者・カーネギーが現れる。

デンゼル・ワシントン演じる謎の男=イーライは、
その名のとおり彷徨えるユダヤ人のメタファーである。

彼が運ぶ本はその名からすぐに観客にも理解されるだろう。

ゲイリー・オールドマン演じるカーネギーは、
「鋼鉄王」アンドリュー・カーネギーに代弁される、
現代文明と権力に固執する裸の王様であり、アメリカそのものだ。

殺陣は勝プロ時代の三隅研次であり、禁書のモチーフは、
フランソワ・トリフォーの「華氏451」を彷彿とさせる。

広大な荒地をひとりで歩き続ける男。

世界は壊れたままにどこまでも広く、人間はあまりに小さい。

イーライは西部劇の荒野を行くガンマンの系譜に連なる、
神話的存在であり、自らも復活の行方を継承するのである。





つなぐNPO公式サイトへ

[PR]

by tsunagunpo | 2010-07-05 11:49 | こまいズム