日本で最も美しい村

忘れかけていた日本。
それは村にある。

福島県の飯舘村と北塩原村が、
日本で最も美しい村」に選ばれることが内定した。

北海道美瑛町など日本を代表する景観の、
33町村・地域の仲間に加わるのだ。

裏磐梯の山と湖沼群が織りなす北塩原村の景観美は、
だれもが認める素晴らしい絶景を有している。

しかし、飯舘村は阿武隈山系の真ん中の山間で、
取り立てて紹介する景観、歴史遺産は見当たらない。

村を訪れた資格委員が美しいと評価したのは、
村の自立への懸命な取り組みと、
村民が村づくりを盛り上げる「までい」な生活文化だった。

「までい」とは、丁寧に、心を込めて、
手間ひま惜しまず、じっくりと、を意味する。

飯舘村に到るには福島中心部から、
険しい峠道を越えなければならない。

平成の大合併に加わる意味がないことは明らかだった。

そこで、官民連携の診療体制や集約型の福祉などで、
独立完結型の村づくりを進めていく。

独自に作業を請け負う企業組合や観光わらび園、
都会の住民との交流で活性化を図ろうと、
「までいな休日」を立ち上げた飯樋地区など、村民も応援する。

パソコン1台でモノが動く現代だが、
飯舘村の取り組みを見ていくと、
大切な忘れ物をしているような気持ちになるのだ。

c0018195_13291734.jpg


つなぐNPO公式サイトへ


山本理事長ツイッターでつぶやいてます↓
ツイッターhttp://twilog.org/yamaiku
ツイッターのアカウントは yamaikuです
[PR]

by tsunagunpo | 2010-08-27 13:29 | こまいズム