プラモデルを作った日

子どものころ、プラモデル作りに熱中した。

さまざまな部品を枠から切り外し、
接着剤でつなげて完成させる。

もの作りの難しさと楽しさを知るきっかけになった。

模型メーカーの多い静岡市で、
プラモデルの歴史をたどる展示会が開かれている。

国産プラモデルは50年ほど前に登場した。
インスタントラーメンの発売開始と重なる。

手軽さが重宝される時代に、
面倒な組み立て式が売れるのか疑問視する声もあった。

軍艦や飛行機といった「定番」のほか、
高度成長期にはエレキギターやアポロ宇宙船の模型が売れた。

庶民のあこがれを巧みに反映させたことが、
予想に反して一時代を画した理由だろう。

ガンプラ」と呼ばれる大ヒット商品もあった。

当時と比べ売り上げはだいぶ減ったというが、
国産半世紀記念イベントが相次いだ2008年は、
出荷額が199億円と前年を7割上回った。

日本人の手先の器用さ、もの作りの心は、
時代を超えて受け継がれているのかもしれない。





つなぐNPO公式サイトへ


山本理事長ツイッターでつぶやいてます↓
ツイッターhttp://twilog.org/yamaiku
ツイッターのアカウントは yamaikuです
[PR]

by tsunagunpo | 2010-09-29 13:58 | こまいズム