切実なこと

ひどく唐突な感情だ。でも切実な感情だ。
涙はまだこぼれ続けている。

マリの手のひらに、落ちてくる涙を受けとめる。

落ちたばかりの涙は、血液のように温かい。
体内のぬくもりをまだ残している。

村上春樹の「アフターダーク」で主人公は泣く。

なぜ、村上春樹の小説では主人公は泣くのだろうか。

人間が泣く時は、ある「切実なこと」の反映なのだ。

深い悲しみと涙の原因には、自分のことだけでなく、
家族のこと、友人のことなどに不幸や不安がおとずれたり、
そのことによって自分の過去の記憶をはっきり思い出したりする。

これらはみな、その人間にとって「切実なこと」だ。

そして人は泣くことで、日ごろは忘れている、
自分の大切なものにハッと気がつくのである。

私は最近泣いていない。

泣きたいと思う感情はあるが、
それが身体の行為として発露しないのだ。

そういった意味では、
自分は「切実なこと」に敏感ではないのだろう。


c0018195_12284753.jpg


つなぐNPO公式サイトへ


山本理事長ツイッターでつぶやいてます↓
ツイッターhttp://twilog.org/yamaiku
ツイッターのアカウントは yamaikuです
[PR]

by tsunagunpo | 2011-06-14 12:29 | こまいズム