雲のむこう、約束の場所

あの遠い日に僕たちは、
かなえられない約束をした。

新海誠の「雲のむこう、約束の場所」は、
青春の煌めきを繊細に切り取ったオリジナル・アニメだ。

日本が南北に分断された、もう一つの戦後の世界。

米軍統治下の青森の少年・藤沢ヒロキと白川タクヤは、
同級生の沢渡サユリに密かに憧れている。

彼らの瞳が見つめる先は彼女と、そしてもうひとつ。

津軽海峡を走る国境線の向こう側、
ユニオン占領下の北海道に建設された、謎の巨大な「塔」。

いつか自分たちの力であの「塔」まで飛ぼうと、
バイトに精を出しながら小型飛行機を組み立てる2人。

ところが中学3年の夏、サユリは突然、東京に転校してしまう。

リリカルな優しい叙事詩である。

SFとしての枠組みはあるのだが、
ヒロキとサユリの2人だけが、セカイの行方を知っている。

この世の終わりも、戦争も、2人からはほど遠い。

世界と彼女との間で引き裂かれる、
青き日々の想いだけが2人を繋ぎ留める。

ひとつの決意を胸に、少年と少女は飛行機を空に疾させるのだ。





つなぐNPO公式サイトへ

山本理事長ツイッターでつぶやいてます↓
ツイッターhttp://twilog.org/yamaiku
ツイッターのアカウントは yamaikuです
[PR]

by TsunaguNPO | 2011-12-12 14:03 | こまいズム