<   2009年 02月 ( 117 )   > この月の画像一覧

「アワーミュージック」

私たちは、それぞれの場所で“私たちの音楽”を奏でる。

ジャン・リュック・ゴダールの「アワーミュージック」は、
まさにゴダール新時代の幕開けを告げる映画であり、
この世界を再構築すべきだと考える人々が集うイコンである。

作品は3つのパートで構成されている。

第1部「地獄編」は夥しい戦争映像のモンタージュによる約10分間だ。
キューブリックの「時計じかけのオレンジ」の“更正”を想起させる。

世界は人を殺すことによって創られてきた。

それはフィクションであろうがノンフィクションであろうが、
人間の原初の欲求としてゴダールは観客にその事実を叩き付ける。

第2部「煉獄(浄罪界)編」はゴダールがこだわり続けるサラエボを舞台に、
「本の出会い」というイベントに招かれた映画監督ゴダール(ゴダール自身)と、
その講義を聞きに来た女子学生オルガとの魂の交感を描く。

弾痕と廃墟に彩られたサラエボを、
路面電車の滑走と巡る殉教の旅だ。

そして第3部「天国編」は死に至ったオルガが、
アメリカ兵に守られた小川のせせらぎを歩く彼岸の風景である。

オルガがゴダールに託したDVDには何が記録されていたのか。
それは最後まで観客には明らかにされることはない。

見えないものを映画によって見ようとする欲求で、
本質が見えない混沌とした21世紀をゴダールは糾弾するのである。





にほんブログ村 地域生活ブログ 山梨情報へ

人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。上の二つのアイコンを
それぞれ一日一回だけ、ゴダールッと押してくださると・・・

つなぐ NPO公式サイト

[PR]

by tsunagunpo | 2009-02-28 23:32 | こまいズム

吉田のうどん移店

c0018195_18353089.jpg

かなりの頻度でランチしていたうどん屋さんが
南のほうに移っていってしまいました。
あんなに混んでいたのに・・・
やはり駐車場がないのが、まずかったのかな。
今度のお移転先のチラシには、駐車場!、と大きく書いてあります。
ならすともう一つという集客だったのでしょうね。
むずかしいものですね。

にほんブログ村 地域生活ブログ 山梨情報へ

人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。上の二つのアイコンを
それぞれ一日一回だけ、残念ッと押してくださると・・・

つなぐ NPO公式サイト

[PR]

by TsunaguNPO | 2009-02-28 18:39 | 理事長山本おたおた日記

山中湖情報創造館の丸山館長さんが

c0018195_18304832.jpg

c0018195_1831498.jpg

サンニチ新聞にでていましたよ。
郡内特集のようでした。
丸山さんが普段から実践している
「READ]のポスター運動や、アニメのワークショップなど、
確かにふつうの図書館ではやりませんよねー。
楽しそうですね、いいなー。

にほんブログ村 地域生活ブログ 山梨情報へ

人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。上の二つのアイコンを
それぞれ一日一回だけ、READッと押してくださると・・・

つなぐ NPO公式サイト

[PR]

by TsunaguNPO | 2009-02-28 18:34 | 理事長山本おたおた日記

明日は、南アルプス市ツアー。

明日は、南アルプス市荊沢ツアー。
天気予報は、くもりのち晴れ。
あたたかくなることを祈ります。

安藤家では、ひな飾りを見ながら、
おか島亭の特製・ひな祭り弁当を食べます。
お弁当というと・・・ごはんは冷たく、おかずもキンキンに
冷えてしまっているイメージがありますよね。
でも、おか島亭のお弁当は、冷たくありません。
(アツアツといわけでは、ありませんがね)

ツアーでは、お食事も楽しみのひとつだと思います。
できるだけ、ツアーでは、お弁当だけでなく、郷土料理や季節のものを
食べていただけるように心がけています。
また、寒いときには暖かいもの・・・を。などなど。
c0018195_13383832.jpg

ぼくもみんなと食べたいよー。
[PR]

by TsunaguNPO | 2009-02-28 13:48 | ハセエリのつなぐ活動日記

くるくるキャンディー

♪ くるくるキャンディ(Lサイズ)オレンジ味。
おいしそうでしょ。
c0018195_23395210.jpg

来月は、ホワイトデー★
カラフルなくるくる飴を大切な人にプレゼントしてみては?

にほんブログ村 地域生活ブログ 山梨情報へ

人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。上の二つのアイコンを
それぞれ一日一回だけ、キャンディーズッと押してくださると・・・

つなぐ NPO公式サイト

[PR]

by TsunaguNPO | 2009-02-27 23:40 | ハセエリのつなぐ活動日記

国頭のふつうの生活をガイドブックに

c0018195_2313536.jpg

エコ講座を通して、いろいろ考えるところがあったと書きましたが、
考えてみたら、2年前から、沖縄の国頭村の各村の
ガイドブックづくりのお手伝いをしていたのでした。
国頭ツーリズム協会は、まさにヤンバルの森に学びの施設を造ったみなさん。
エコツーリズムの、まっしんの仕事をされてきたわけで、
そのみなさんが、ヤンバルの森、だけではなく
国頭村の各村々の歴史などの掘り起こしを始めたのです。そして、
その成果をガイドブックに落とし込む作業を進めているわけです。
今つくっているものを含めると、6冊が誕生したことになります。
すばらしいことですよね。
記事もイラストもみんな養成講座を受けているみなさんの手になるもの。
それが、増刷を重ねております。
本日は、さらに与那地区でもう一冊新刊を作りたいという旨、
メールいただきました。自主ツアーを重ねており、
外の人たちにも好評なのだそうです。
原生林だけでなく生活の場もまた、重要な学びの場であり、
ツーリズムの対象として考えるべきだという主張が、
びんびんと伝わってきます。

にほんブログ村 地域生活ブログ 山梨情報へ

人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。上の二つのアイコンを
それぞれ一日一回だけ、国頭ッと押してくださると・・・

つなぐ NPO公式サイト

[PR]

by TsunaguNPO | 2009-02-27 23:04 | 理事長山本おたおた日記

海が見ている

静岡出張で国道135号線を、
熱川から熱海に向けてレンタカーを走らせる。

もう観光シーズンであるわけでもなく、
そこはかとない寂しさが伊豆の海外沿いの街並みにも影を落としている。

急傾斜地の岩肌に張り付くように立っているホテル。
そして、整備はされているが場違いな南洋植物の街路樹。

かつては漁師町だったろう鄙びた街並みは、
まるで箱庭のようなキッチュな作り物である。

鉛色の海鳴りだけがBGMだ。

波は昔も今も浜にうち寄せている。

人が海を見ていたのではない。
海が人々の生業を見ていたのだ。

それが愚かな行為であったとしても、
海はひたすらに、我々の所業を慈悲深く眺めている。

c0018195_112350100.jpg


にほんブログ村 地域生活ブログ 山梨情報へ

人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。上の二つのアイコンを
それぞれ一日一回だけ、海にッと押してくださると・・・

つなぐ NPO公式サイト

[PR]

by tsunagunpo | 2009-02-27 11:27 | こまいズム

おいで、おいで。

祠の中に福まねこ!
右手を挙げているということは、
金運を招いてくれる招き猫ですね。
グリーンジャンボ買わないと!
c0018195_21242630.jpg

c0018195_2125486.jpg

北杜市にて。
[PR]

by TsunaguNPO | 2009-02-26 21:30 | ハセエリのつなぐ活動日記

まちミューツアーの・・・つづき

丸山さんがつづいて、つづいてと書いてくれたのでいい気になって・・・
c0018195_20314345.jpg

恒例のお茶タイム。
まちミューツアーの場合、最初期から、お茶を出す、ということが
当然のように行われてきました。それもできるだけおいしいお茶を。笑
そして、お茶請けのお菓子。定番は竹川菓子店の紅梅焼ですが、
その他にも、ツアー先の地元で評判のお菓子を用意するようにしております。
可能な場合は、そのお店に、できるだけ寄るようにもしています。
お菓子だけでなく、お酒も、野菜も・・・。
つまり、ショッピングタイムを必ずつくっています。

この仕事の主な担当はタナボタさん。
年中、お湯を入れたポットを何本も運んでおります。
今度のツアーではなんのお菓子をたべていただこうかしらと、頭を悩ませております。
あ、そうそう、うちは毎回新作ガイドブックをプレゼントしているのですが、
その時、やはり恒例なのは、飴を一個つけることです。
歩いて疲れたら、飴なめて元気にね!
という、あめです。
この飴にもこだわりがあって、たとえば、富士川の手まり歌が登場するシーンがあると、
手まりの飴を用意する、猿橋ツアーなら、お猿さんの飴、というように。

ところが問題も起きました。
お茶を飲めばトイレにいきたくなる。笑
サービスのつもりが、お客様には負担になっていたのかもしれない・・・
あるとき、きづいたのです。
そこで、トイレは1時間おきくらいに行けるようにしよう!

こうしてトイレ大作戦が始まりました。
がまんしない! これが一番いいわけです。
事前の下見の段階で、トイレを探し、場合によってはトイレ掃除もします。
紙の手配も・・・。トイレから見るまちの評価、なんて本も出せるかもしれない。笑
もちろん、ゴミ類は、すべて持ち帰っております。

つづきはここから
[PR]

by TsunaguNPO | 2009-02-26 20:33 | 理事長山本おたおた日記

まちミューツアーの仕組みのはなし

c0018195_10341761.jpg

ツアーをはじめて一番気になったのは
講師の方の声が聞こえない、という事実。
これは主催者サイドに立ってはじめて意識したことでした。
だって、いままでは自分が聞こえる位置にいれば聞こえているわけだから
自分以外の人が聞こえているのかどうかなんて考える必要なかったんです。

こういうこともあります。
講師がそこにあるものを見ながら話しをするシーン。
話を聞きたい方は、講師の回りにぐるりと集まります。
その人垣で、肝心のものは、この人垣の周辺の人には
まったく見えなくなります。

講師が、講演会みたいに話しつづけてしまって
タイムスケジュールがまったくたたなくなる!
ということもありました。

講演会の延長でまち歩きを考えるのはおかしいんじゃないか。
だってまちにはいろいろな本物の「しるし」が
たくさんあるのですから、少なくとも講演会独演スタイルはやめたほうがいい。
そこにある、そこにいる、そこで見える
そういう事実にウエイトをシフトしよう。

歩きながら、立ちっぱなしで、解説を聞くのは疲れる!
自由に休みながらお話を聞くスタイルの方が、お互いラクなんじゃないか。

どこにいても話は聞こえる。そういう状況づくり。

そこで、現在の大型スピーカーをカートで引くスタイルが生まれました。
司会進行係は、ワイヤレスマイクで進行する・・・・。
つなぐの場合、最初期から司会進行、という係を設けていました。
インタビューアーですね。この存在が重要になりました。

30人を越えたら、ずらーっと一列に長ーい行列ができます。
交通整理は? 一括の指示が一番。
船頭が多いと、事故の元です。
先頭と真ん中と最後尾に3人がつく。3人はインカムで連絡しあう。
指示は司会がする。
スピーカーは真ん中に位置して、
全体に聞こえるようにする。

取材陣や、スタッフが、道路の反対側に移動するというシーンが、ありますよね。
これが最大な危険行為。つられて参加者も移動してしまいます。
何回、ひやっとしたことか。自分も含めて。

ボランティアで、お手伝いします、という方。
案外このサポートが危険です。
なぜかというと、この方は全体のスケジュールが分かっていませんから
判断ができないまま、自分の考えで行動してしまうケースが多いのです。
うちの場合は、常連組のみなさんが、ごく自然に手伝ってくれています。

スピーカーの位置。
どこにスピーカーを置いたらいいのか。
どのくらいの音量にしたらいいのか。
インカムで確認しあいながら決めています。

このスピーカー、ラジカセもついているので、録音したり
ここぞというところで、地元の民謡を流したりできます。

しかし、階段を上がるのはつらいぞ。

スピーカーのある位置から声が聞こえますから、
スピーカーのある位置が、司会や講師のいる位置、みたいに聞こえます。
そのため司会はどこにいるの?という現象が起こりがちです。
そこで、先頭と真ん中と最後尾のスタッフは、まちミューのミニ看板を掲げています。

このミニ看板も、威力があります。
長い棒の先に40センチ四方のミニ看板がついています。
集合場所の案内掲示になりますし、
どこが先頭でどこが最後尾か、すぐに分かります。
最後尾スタッフは、ひとりでもまぎれてしまわないように
注意深く追い上げる仕事をしています。
列が離れ過ぎた場合は、先頭に待ちの指示をします。
すると、司会が、世間話をしたり、天気の話をしたりしながら
時間を稼ぎます。

実はこのミニ看板、宣伝の効果も大有りです。
ボクラのツアーとであった人たちはみんな、
このミニ看板で、ぼくらが誰なのか知ることができますし、
またまちミューの宣伝にもなっているわけです。

つづくかも
[PR]

by TsunaguNPO | 2009-02-26 10:36 | 理事長山本おたおた日記