<   2010年 07月 ( 44 )   > この月の画像一覧

oishi!地ビール

暑い日は、ビールが飲みたい!!
甲府中心街にあるフォーハーツカフェでは、oishii地ビールが飲めます。
仕事帰りに、散歩の途中に、寄ってみてはいかがでしょうか。
c0018195_23594422.jpg

c0018195_23595582.jpg

ここにも「まちミューブックスタンド」が置いてあります。
ぜひ、ガイドブック片手に甲府のまちを歩いてみてください☆

※まちミューブックスタンドには、
「まちミューガイドブック」が24種類入ります。
レジの脇なんかにちょこっと置ける感じです。
ただいま、まちミューブックスタンドを置いていただけるお店を募集中!
「置いてもいいよー」という方、080-1223-8302(つなぐNPO)まで
連絡お待ちしておりまする。


つなぐNPO公式サイトへ


山本理事長ツイッターでつぶやいてます↓
ツイッターhttp://twilog.org/yamaiku
ツイッターのアカウントは yamaikuです。
[PR]

by TsunaguNPO | 2010-07-31 23:58 | まちミューブックスタンド一覧

サンニチ新聞に「甲斐市ちいさな旅」が紹介されました

「甲斐市ちいさな旅」のガイドブックと
先日の亀沢ツアーの様子が山梨日日新聞に紹介されました。
クリック↓
山梨日日新聞
c0018195_14303030.jpg


現在、甲斐市で11のツアーコースと11ガイドブックができています。
昨日、とらじママさんに「えっ!甲斐市だけで11コースも
あるの?!」と驚かれてしまったのですが、まだあと半分つくります!!
甲斐市で20コース!20のガイドブックを作成する予定です!!
がむばります048.gifお楽しみに~
今後、ガイドブック片手に多くの方が甲斐市、山梨県を歩いてほしいと思います。
c0018195_14384720.jpg

甲斐市ちいさな旅に参加してくれた男の子。
石垣にかたどられた、桔梗の花みつけられたかな?
つなぐNPO公式サイトへ


山本理事長ツイッターでつぶやいてます↓
ツイッターhttp://twilog.org/yamaiku
ツイッターのアカウントは yamaikuです。
[PR]

by TsunaguNPO | 2010-07-30 14:43 | ハセエリのつなぐ活動日記

とらじママさん、ありがとうございます!

甲斐市にある猫雑貨・ミニカフェ「猫やとらじ」に
まちミューブックスタンドを置いていただけることになり、
本日、設置してきました。
とらじママさん。ありがとうございます040.gif

c0018195_20205440.jpg

「ブックスタンド持って来ました~」とお店に入り、とらじママに渡した瞬間、
「これ、1冊ください」といきなり若い男性が購入してくださったのです!!
いや~ビックリ、ビックリ!!!
とらじママさんも驚いていたようで、「こっこっこちら、ですか」と
確認をいれていました(笑)
そして・・・・二人で大喜び003.gif
c0018195_20211616.jpg


「猫やとらじ」のブックスタンドには、
甲斐市編と山中湖村編と北杜市長坂編の三種類があります。
なぜこの3種類かって??
それは、9月26日まで「猫な1日in山梨 スタンプラリー」を開催しているからです。
「猫やとらじ」、長坂町の「100匹の猫と仲間たち」、山中湖村の「気まぐれキッチン」の
3店舗をまわってスタンプを集めると、素敵なプチプレゼントがもらえるイベントだそう。

ぜひ、この夏、スタンプラリーに参加してみてください。
ガイドブックを持っていけば、まちも楽しめますよ~034.gif

※まちミューブックスタンドには、
「まちミューガイドブック」が24種類入ります。
レジの脇なんかにちょこっと置ける感じです。
ただいま、まちミューブックスタンドを置いていただけるお店を募集中!
「置いてもいいよー」という方、080-1223-8302(つなぐNPO)まで
連絡お待ちしています☆

[PR]

by TsunaguNPO | 2010-07-29 20:27 | まちミューブックスタンド一覧

記憶の銀行

忘れることはいけないことだ。
誰もがそう決めてかかる。

しかし、忘却は記憶と同じくらい大切な心の働きなのだ。

忘却と記憶は呼吸のようなものであり、
吐き出すことで新しい記憶が吸い込める、
そして創造的な思考が促される。

記憶と忘却が、不思議な協力によって
現実にアクセントを付けたもの、それが思い出という過去である。

思い出を貯蓄できる銀行がある。
その名も「記憶の銀行」だ。

70歳以上の人に思い出を語ってもらい、
動画を投稿するとインターネット上に公開される仕組みだ。

イタリアの若者が2年前に始め、9カ国に広がった。

非営利の活動で、日本版もある。
87歳の女性が生まれ育った石巻市の正月料理を語る。
84歳の男性は段ボール製ミカン箱の開発の苦労を振り返る。
仕事と育児を両立させた74歳の女性の話も興味深い。

暮らし、仕事、学校、食、戦争体験。

さまざまに語られる思い出は、
忘却をくぐり抜け、磨かれたからこそ魅力的なのだ。





つなぐNPO公式サイトへ


山本理事長ツイッターでつぶやいてます↓
ツイッターhttp://twilog.org/yamaiku
ツイッターのアカウントは yamaikuです。
[PR]

by tsunagunpo | 2010-07-29 19:27 | こまいズム

スゴウマならぬ・・・スゴジラ~

スゴウマ!なソフトクリームですぞ。
c0018195_062252.jpg

昇仙峡にて。

キリン ファイア スゴウマな二人

うーん、明野に行ってから石仏ガールになっとるな・・
つなぐNPO公式サイトへ


山本理事長ツイッターでつぶやいてます↓
ツイッターhttp://twilog.org/yamaiku
ツイッターのアカウントは yamaikuです。
[PR]

by TsunaguNPO | 2010-07-29 00:07 | ハセエリのつなぐ活動日記

オサレなお相撲さん。

お相撲さん、
その帽子なら、マゲが崩れませんね!
c0018195_8393461.jpg


つなぐNPO公式サイトへ


山本理事長ツイッターでつぶやいてます↓
ツイッターhttp://twilog.org/yamaiku
ツイッターのアカウントは yamaikuです。
[PR]

by TsunaguNPO | 2010-07-28 08:41 | ハセエリのつなぐ活動日記

防災ヘリ墜落に想う

真夏の沢にうずくまる白い機体は、
羽をむしり取られたトンボが身をよじりながら、
慟哭をこらえているかのようだった。

埼玉県の防災ヘリコプター墜落では、
機長や救助隊員ら5人が亡くなった。
遭難した女性1人の死亡も確認された。

宮沢賢治の「グスコーブドリの伝記」は、
こんなお話である。

若い火山技師ブドリは、飢饉を防ぐために
火山を噴火させて気温を上げようと考える。

しかし、起爆装置を押す最後の1人は生きては帰れない。

たくさんの人を救いたいというブドリの決意は固い。
自分がやるという老技師を説得し、たった1人で火山島に残る。

賢治は「銀河鉄道の夜」でも、
級友を救おうとして水死してしまう少年を描いた。

他人の真の幸福のためならば、
自己を犠牲にしても惜しくはないという、
他者との熱いかかわり方にこそ賢治の真意はある。

命を救おうとした命が失われた。

隊員たちは無事帰還していたら、
これからも何人もの命を救ったことだろう。

一日一日をいとおしく生きること。

それは使命感を持って任務に就いている人たちに、
我々が支えられていることを享受することに他ならない。


c0018195_17183824.jpg


つなぐNPO公式サイトへ


山本理事長ツイッターでつぶやいてます↓
ツイッターhttp://twilog.org/yamaiku
ツイッターのアカウントは yamaikuです。
[PR]

by tsunagunpo | 2010-07-27 17:23 | こまいズム

専門店の味??

c0018195_22372636.jpg

スーパーで売っていた「くずきり」。
( ̄〜 ̄;)偽造?!

頼むから葛でつくってください。


つなぐNPO公式サイトへ


山本理事長ツイッターでつぶやいてます↓
ツイッターhttp://twilog.org/yamaiku
ツイッターのアカウントは yamaikuです。
[PR]

by TsunaguNPO | 2010-07-26 22:37 | ハセエリのつなぐ活動日記

千が滝の水をいただきます

c0018195_2230149.jpg

暑かれさまです。

本日は、昇仙峡に。二時間も坂道を歩いたので、足がパンパンです。
途中、のどがかわいた!ので、千が滝のお水をいただきましたヽ(´▽`)/
なんちゃって。
つなぐNPO公式サイトへ


山本理事長ツイッターでつぶやいてます↓
ツイッターhttp://twilog.org/yamaiku
ツイッターのアカウントは yamaikuです。
[PR]

by TsunaguNPO | 2010-07-26 22:30 | ハセエリのつなぐ活動日記

なつごおりの日

かき氷はどこか郷愁を誘う。

よしもとばななの小説「海のふた」は
短大を出て故郷・西伊豆に戻り、
かき氷屋を開く女性が主人公である。

小説の中で主人公がこだわったのはシロップである。
既製品のどぎつい甘さに疑問を持っていたからだ。

小説ではやや酷評気味の人工シロップだが、
子どものころ覚えた味はオヤジになっても忘れない。

子供クラブのラジオ体操のテーマ音楽や、
麦わら帽のにおいとともに少年時代の夏を彩る記憶だ。

炎天下はどうやら味覚も含め人の五感をとぎすまし、
強烈な記憶を刻むらしい。

今日25日は「な(7)つ(2)ご(5)おり」の語呂合わせで
「かき氷の日」である。

今年の酷暑には特にかき氷がよく似合う。

c0018195_18495719.jpg


つなぐNPO公式サイトへ


山本理事長ツイッターでつぶやいてます↓
ツイッターhttp://twilog.org/yamaiku
ツイッターのアカウントは yamaikuです。
[PR]

by tsunagunpo | 2010-07-25 18:51 | こまいズム