たたみかけてきた!

グッド デザイン ドア☆
c0018195_2217677.jpg

宣伝文句は、畳だけに・・・畳み込むように
[PR]

# by TsunaguNPO | 2013-05-17 22:17 | ハセエリのつなぐ活動日記

チャイム

こだわりましたね♪
c0018195_1119463.jpg

[PR]

# by TsunaguNPO | 2013-05-11 11:19 | ハセエリのつなぐ活動日記

アルゴ

アメリカがやらかしたことを後始末しようとする、
男の孤独で静かな闘い。

ベン・アフレックのアルゴは、
アメリカが18年間封印した人質救出作戦を描くサスペンスだ。

革命の嵐が吹き荒れるイランで、
過激派がアメリカ大使館を襲撃、大使館員を人質にとった。

彼らの要求は、悪政の限りを尽くして失脚、
アメリカに入国した前国王パーレビの引き渡しだった。

大混乱のなか裏口から6人の大使館員が脱出、
カナダ大使の家に身を隠す。

見つかれば彼らの命はもちろん、人質の身も危ない。

絶望的な状況を打破するため、CIAの人質奪還のプロ、
トニー・メンデスが呼ばれる。

トニーが立てた作戦は、ウソの映画を企画し、
6人をロケハンに来た撮影スタッフに仕立て上げ、
出国させるという奇想天外な計画だった。

プロフェッショナルの物語である。

男たちは自分の知力と戦略を信じて、
暴挙とも思える作戦を淡々と遂行させていく。

すべてが事件のあった1979年というあの時代の空気感、
イスラム過激派の台頭への衝撃という感覚を再現し、
まるでドキュメンタリーのような肌触りだ。

1979年は、ソ連がアフガンに侵攻した年でもある。

監督のベン・アフレックはイランという国家を、
単純な悪として描いてはいない。

それよりもアメリカの「失策」を内に秘め、
単身人質救出に向かう決意が胸を熱くさせるのだ。

国家や人種や宗教を越えて、
人は自分と戦っているのかもしれない。


c0018195_20462471.jpg



[PR]

# by tsunaguNPO | 2013-05-10 20:49 | こまいズム

まりも

ひさびさのカフェタイム♪
GWにドライブしたあと、ベビ子さんのおしめをかえようと、
石和のファミリマートに寄ったら、
その奥に・・・オサレなカフェが!!!
こんなうれしい偶然が!しかも、オープンしたばっかり。
で、店内に入り、子連れも大丈夫か、聞いてみると、
「座敷にどうぞ!」と。
そこには、ベビ子さんの大好きな積み木やら、人形やらが
用意してありました!ありがたや!ありがたや。
c0018195_23293572.jpg

お水を運んできたのは、イケメンのオーナー。ワオー!
旦那の知り合いで、またまたびっくり!
オーナーは、瓦職人だそうで、
瓦のことを聞いたら、あつーく語ってくれるそう。
ちなみに内装やテーブルも手づくり。
店長の奥様は、とってもキレイでおしゃれな方でした☆

「まりも」というお店だそうですが、
帰りにレシートをいただくと、大きく「鬼瓦」の印刷があり、
瓦の宣伝もバッチシはいっていました!

今回は、ジュースだけだったので、
次回は、お料理も食べてみたい!!!
[PR]

# by TsunaguNPO | 2013-05-09 23:32 | ハセエリのつなぐ活動日記

「おもて」が上を向いています

クッキングシートの「おもて」。
上を向いています。
なぜかって?
たぶん「油」がこぼれないように。
c0018195_22294638.jpg


先日、まちミューのフットパスに顔を出しました。
タナボタさんに抱っこしてもらったベビ子さん♪
ちょっと緊張気味。
c0018195_22274355.jpg

[PR]

# by TsunaguNPO | 2013-04-30 22:33 | ハセエリのつなぐ活動日記

手づくり作品バザール

先週、山交百貨店で行なわれていた
手づくり作品バザールへ。
お世話になっている夛田 一晴(ただ いっせい)さんの
作品をみてきました☆今年も奇妙な?!作品がズラリ。
カップに不思議な生き物がついた「もののけ杯」は、
お酒をのむのに、いい感じでした。
気持ちよく酔えそうな・・・・

多田さんとベビ子。
髪の毛が多田さんぐらいに伸びるといいねぇ。
c0018195_2154181.jpg

[PR]

# by TsunaguNPO | 2013-04-25 21:55 | ハセエリのつなぐ活動日記

非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎

アウトサイダー・アートの世界にあって、
ヘンリー・ダーガーはスーパースターである。

ジェシカ・ユーの「非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎」は、
孤独なパラレルワールドに生きた男を追ったドキュメンタリーだ。

1973年、シカゴ。

身寄りの無い独り身の老人が他界し、
はじめてその作品群が家主によって発見された。

おそらく世界最長となる15,000頁を超える小説と、
多くが3m以上もある数百枚の絵。

周囲の人々が貧しい普通の老人にしか見えなかったと、
口々に語るその男は、“非現実の王国”と名付けられた、
自分だけの小さな別世界に生きていたのだった。

子どもを奴隷にする残虐な大人たち、
グランデリニア軍との死闘を繰り広げる七人の少女戦士、
ヴィヴィアン・ガールズの天真爛漫と残酷邪悪が並置する物語。

その異形の物語はどのようにして産み出されたのか。

芸術は創るものと鑑賞するものとの共犯で成り立つ。

あくまでも自分の精神世界を記述したヘンリー・ダーガーは、
言ってみれば本当の意味での芸術家ではないのだろう。

天涯孤独だったダーガーは、おそらく女性の身体を見たことがなく、
物語に登場する全裸の少女たちには一様にペニスが書かれている。

19歳から73歳で死ぬ直前まで50年以上に渡り創作された、
「自身の物語」は、彼の人生を再構築する試みだった。

人生は一冊の書物に似ている。

無為に自分の人生を送っているであろう我々に、
ダーガーは生き方の一つの形を呈示する。

他者から見れば哀れな人物だったかもしれないが、
ダーガーは自分の物語を創造することで、
自分の人生を念入りに、そして熱心に読み込んだのだ。 

ダーガーは自分の人生を、ただ一度しか、
それを読むことが出来ないことを知っていたのである。

c0018195_17382927.jpg


[PR]

# by tsunaguNPO | 2013-04-22 17:41 | こまいズム

もしもし?

あのー、もしもし??
c0018195_23183870.jpg

いまや、ケータイ、スマホの時代。
街中から消えた電話ボックスは・・・・
箸入れとなって、再利用?されていたとはねぇ。
[PR]

# by TsunaguNPO | 2013-04-20 23:19 | ハセエリのつなぐ活動日記

透明シール

このシールをつけると、
中のものが見える・・・らしい。
c0018195_22423297.jpg

[PR]

# by TsunaguNPO | 2013-04-18 22:43 | ハセエリのつなぐ活動日記

あいびき肉セーター

何度見ても・・・
このセーターは、合いびき肉にしか見えない。
もし、本物ならレディーガガを意識したものか。
c0018195_2201014.jpg


明日は、水曜日、YBS放送「ラララ・モーニング♪」で
10時40分から山本育夫のやまなしフットパスのすすめ!
があります!
[PR]

# by TsunaguNPO | 2013-04-16 22:04 | ハセエリのつなぐ活動日記